2015年07月17日

高次脳機能障害ファシリテーター養成講座

7月11日(土)、南九州大学宮崎キャンパスにおいて、宮崎県身体障害者相談センターの主催で、高次脳機能障害ファシリテーター養成講座が開催されました。
  専門職向けの研修会ですが、集団リハビリの手法である「羅心盤」のデモンストレーションに、あかりから、福田さんと土工さん親子が参加し、県北のトゥモローからも当事者の方が参加されました。

  羅針盤の手法では、当事者の一人を主役として、今、一番、やりたいことを3つ上げて貰い、他の参加者がアドバイスをするというもので、今回の主役は、福田さんでした。
  ①転職がしたい、②旅行に行きたい、③高速道単独デビューしたいという目標に対して、参加者から、様々なアドバイスがあり、そのうちで、実施可能な案を主役が決めることで、脳機能が活性化されるというものでした。
  なお、最後が大切なのでそうです。この場にいる方々は気分が高揚しています。そのクールダウンのために、再度、感想を一言づつ言います。
  次回は、主役がすぐにできることをするためにどうしたかなどを報告、次の人が主役になります。
  こうしてみんなが主役になっていくようです。

  家族会あかりで実施できるかと質問したら、ファシリテーターやクールダウンが結構難しいので、専門職、特に、精神科医の参加があったほうがよいとのお答えでした。




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
高次脳機能障害ファシリテーター養成講座
    コメント(0)