2015年06月23日

あかり~みやざき高次脳機能障がい家族会第2回お話会の様子

  先週の土曜日、6月20日、宮崎市民プラザに、当事者4名、家族8名、支援者5名が集い、第2回お話会を行いました。
まず、それぞれの近況を話し合い、就職が決まった人、新しい職場で楽しく過ごしている人、A型事業所の勤務時間が延びて戸惑っている人、やる気がでなくて、家族が困っている人、体調が悪くて参加できなかった人など、1か月振りに聞く様子にお互いに、頷いたり、歓声を挙げたりと和やかな雰囲気で始まりました。
それから、当事者のグループと家族のグループに分かれましたが、今回から、難病での不自由さを抱えながら、勉強したSTの資格を生かしたいというMさんも、当事者グループに加わり、楽しいひとときを過ごしました。
家族グループでは、高次脳機能障害が分かる医療機関がもっと必要では?
地域社会が、当事者や家族の生活のしづらさを理解して関わってくれるようになるにはどうしたら?
同じ悩みで困っている人々がもっとあかりに参加していただくには?など、
様々な課題で、盛り上がり、予定の時間をオーバーしてしまいました。
次回は、7月18日、午後1時半から、県総合保健センターで、定例会を行います。高次脳機能障害の当事者、家族の皆さんや高次脳機能障害に関わる皆さんの参加をお待ちしております。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
あかり~みやざき高次脳機能障がい家族会第2回お話会の様子
    コメント(0)